夫婦

女性でも安心して薄毛治療が受けられるクリニック

病院で行われている改善法

鏡を見るメンズ

手術で改善する方法

薄毛の対策方法として、病院で手術による治療法が人気となっています。病院で行われている手術の方法には自毛植毛というものがあり、自分の髪の毛を使うことで元々生えているものと同じ質の髪の毛を増やせるメリットがあります。技術力の高い医師がいる病院で手術を受ければ、1回の手術で大量の髪の毛を移植して増やすことが可能なことが人気の理由です。自分の髪を使うことになるので、拒絶反応などの心配を一切する必要がなく、高い安全性を確保していることも利用者が増えている理由と言えます。手術のときには麻酔を使用しますので、痛みを感じることがないことも手術を受けやすくしている理由と考えられます。普段は痛みが苦手であると感じている人や、女性であっても薄毛を治療できる手術と言えます。

手術方法は2種類ある

病院によって自毛植毛の手術方法は異なっており、主にFUT法とFUE法の2種類があります。手術方法の特徴の違いを事前にカウンセリングを受けたときに説明してもらうことで、自分の薄毛に適している方法はどちらか把握しておいたほうが良いです。FUT法は頭皮をメスで切り取る方法で、毛包を移植していきます。生着率が95%以上となっている方法ですので、高い効果を得ることが期待できます。FUE法はメスを使わずに器具を使って毛包を採取する方法で、その後に薄毛の部分に毛包を移植していきます。メスを使用しない分、頭皮や体への影響が小さく、負担を軽減できる手術方法として認識されています。どちらの方法であっても手術を受ける回数は、1〜2回となります。